いやしの村わくわくショップ



商品使い方あれこれ

冷え取り健康法 早わかり

「冷え」っていったいどんな状態?

カラダの上下の間の温度差が生じていることをいいます。
下半身、とくに足首から先が低温で、上半身が温かい状態です

ほてりも「冷え」?

ほてりは冷えて縮んだ血管がカラダを温めようと広がって血液を盛んに送るから起こります。ほてりはカラダが発する冷えに対するSOSサインです。

どうして上半身と下半身に「温度差」ができるのか?

最近では腰から下の服装が薄着になっています。また、どこへ行ってもエアコンが効き、暖かい空気は上昇し、冷たい空気は下降しますので、下半身を冷やしがちです。

食べ物も、いつでもどこでも季節や場所に関係なくいろいろなものを食べることができます。
冷えすぎた冷房が体温調節の機能である自律神経を狂わせたり、本来、夏に食べて体の熱を取る役割をもったものを、冬に食べて体を冷やしてしまったりしているのです。

「冷え」があるとカラダはどうなるか?

サーモグラフティで私たちの体を見てみると、上半身と下半身の差が6度もあります。
この温度差がカラダの血液の循環を悪くします。

循環が悪くなると、血管が縮まり、筋肉が収縮しすることで肩こり、頭痛、腰痛などの要因になります。
血行不良により気の流れも悪くなり、イライラしたり、不眠になったり、自律神経失調症にもなりやすいです。

また、冷えることで水毒を招きます。水毒は消化、吸収を鈍らせ肺や腎臓の働きも低下させます。
水毒が溜まることで、カラダの水分が抜けなくなる状態になります。肥満の大半は水毒であるといっても過言ではありません。

「冷え」が取れると、カラダはどう変わるのか?

上半身と下半身の温度差が少なくなることで、体液の循環が良くなります。
自律神経のバランスも良くなり内臓の働きも一定に保たれます。
精神的にも安定し不眠やイライラも解消されてきます。

「食べすぎ」も関係がある?

過食すると血中のコレステロールが増え、血液に粘りがでます。すると血液の循環が悪くなるのです。『冷え』も典型的な症状、つまり循環障害が起こります。半身浴をして靴下の重ね履きをしても、過食をしていたのでは、元の木阿弥。何事も過ぎたるは良くないです。

人の健康よりも、生産効率や採算効率の方を優先した簡易な食品や飲み物は、特に避けることです。こういった食品に含まれる添加物には、微弱の中毒症状をもたらすものもあります。当然、体内では毒素にしかなりません。できる限り自然が育んだ食物(食品ではない)を手作りして食べる、そんな姿勢を持つことが大切です。

「冷え」を取り除く簡単な方法。

・足湯か半身浴をすること。
・足が冷えないように絹と天然繊維製の靴下を交互に重ねて履く。
・腹八分目を心掛ける。
基本はこの三点。
毎日続けることで慢性化した持病が治せて、生活習慣病が予防できます。

「半身浴」ってどんな入浴法?

最初は38度前後のぬるめのお湯にみぞおちから下だけ(腕は出す)汗がふきでるまでゆっくりと浸かります。冷えの度合いにより汗の出方も異なりますので、お湯の温度、時間は調整してください。(20~40分位が目安)

靴下は「絹」と「綿」を「重ねて」履きます。

体内の毒素がもっとも多く排出されるのが足の裏です。ツボが集中し、あらゆる内臓の毒素がここから汗となって排毒されます。これを活性化する方法は、排出された毒素をグイグイ吸い取ってやることです。

一足目の靴下には「絹」を履きます。
「絹」は吸湿性と放湿性と排毒力に最も優れた繊維です。吸湿した水分を即座に外に放湿する性質があります。吸湿した毒素を二枚目でさらに吸湿する、と言う具合に毒素を吸い上げる機能を靴下に持たせることが必要です。

そこで二足目には「綿」を履きます。
「綿」は吸湿性に優れ、吸い取る容量が大きいです。
しかし綿は放湿性に欠ける欠点がありますので、絹にはその欠点を補う役割があります。そして絹と綿の持つ保温力、皮膚に負担を与えない優しさが第一の理由としてあげられます。
もちろん重ね履きすることによって足元が温められるという効果もあります。そして必ず絹と綿を組み合わせることが条件です。

「五本指靴下」を履く理由。

足指の股も毒素が多く排出される場所です。排出された毒素が指や股に残らないようにするためです。足がむれたり、臭くなったり、水虫ができるのは、靴下に排出された毒素を吸湿し放湿する能力がないからです。ナイロンの靴下などは、足元を冷やして、水虫になるために履くようなものです。

夏バテを新習慣でリセット

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • イベント日

■休業日、イベント日はメールでの対応が遅れる場合があります
■休業日・イベント日は商品の発送ができませんので、ご了承ください

ページトップへ