いやしの村わくわくショップ



夏の強い日差しや冷房などで、私たちの肌はいつのまにかダメージを受けています。夏のダメージはケアをしないとどんどん深刻化してしまいます。
ダメージを肌に残さないためにも、しっかりお肌をケアをしましょう!

夏の間に進んだ老化を保湿でしっかりケアしよう!

主婦が一日に浴びる紫外線の量は、夏のビーチで1時間浴びる紫外線量と同じぐらいだそうです。自覚していない人も、実は夏のダメージをお肌に受けているかもしれません。

10月は夏のダメージがそろそろお肌に出始める頃。ダメージ肌には「保湿」が一番! 保湿をしっかり行うことで、夏のダメージを回復させてあげるとともに、肌のターンオーバーも促進することが期待できます。この時期は特に、保水力のある化粧水をいつもよりもたっぷりと使って、しっかりケアすることをおすすめします。

 

 

商品一覧

該当商品はありません

「なんにも、ない。」ケビン(中西研二)・シャンタン(宮井陸郎) 著

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • イベント日

■休業日、イベント日はメールでの対応が遅れる場合があります
■休業日・イベント日は商品の発送ができませんので、ご了承ください

ページトップへ